代表者の想い

当社は、2015年3月9日(当時29歳)に、「世の中を喜びで唖然とさせる」という志を握りしめ、みなさまへの日頃の感謝を忘れないよう、”サンキューの日”に創業しました。

私たちは、これまでたくさんの人に応援され、励まされてきたことにより今がありますが、私が20代後半で「自分がどう在りたいか?」という問いを持った時、近江商人の象徴とも言える「三方良し(売り手よし、書いてよし、世間よし)」という言葉に出会い、その精神に大きく感銘を受けました。

つまり、自分たちのことだけではなく、お客様にも、社会にとっても良い事業をおこなう会社を創りたいと思ったのです。

それで当社の会社ロゴは、情熱を表す赤い三角で”三方良し”を表し、その中で人と人とが出逢い、ご縁が繋がるように手を取り合っている形に仕上げました。

そして、「幸せな人を増やして、社会をより良くする。」というビジョンを掲げておりますが、これを実現させるためには「いい人×いい会社=いい仕事」を増やすことが大切だと考えております。

そのために、当社事業では幸福度が高くチャレンジする人を育てたり、幸せに働ける組織づくりの支援をしながら、誰もが自己認識できていて、自己実現に向かってプレイフル(心がドキドキ・ワクワクしている状態)に活動できる環境づくりを推進してまいります。


代表取締役 柳沼 圭佑